2016年8月26日 (金)

淡路島赤うに、神戸新聞青空主義に載る!

24日の神戸新聞の「青空主義」
淡路島赤ウニが取り上げれました💕
淡路島が誇る、1年に7月から9月の3ケ月間だけたべることができる、海の黄金の宝石💎、幻の赤ウニ、はミョ-バンを使わないのでウニの甘さも自然で美味しく口に入れた瞬間とろけ、 磯の香りが広がります

その淡路島由良の赤ウニを、もっと、多くの方々に知っていただくために、本当に今の時期に取り上げて下さったことに感謝です💕

                  ~~~~~~~~~~~~~~

Photo

             ~~~~~~~~~~~~~~
Photo_2
            ~~~~~~~~~~~~~~

2016年8月 3日 (水)

青森から届いた「ホタテ」

青森から朝一で届いた大きな活きの「ホタテ」upupup

伊弉諾神宮の本名孝至宮司様に届いたものなのに、本名氏は「平野さん召し上がってくださいよ!でもたくさんあるから今日の会に出してあげたら喜ばれるでしょうねsign03

私どもと社員で早速、焼けるように下処理して、、、オン・ザ・テーブルへ

今日のメーンの「はも」よりも、新鮮で大きくて、その焼ける匂い(バターと少しの醤油がよく合います)がたまらない「ホタテ」に、話題と人気が集中し、淡路にいながらにして青森の新鮮「ホタテ」に舌つづみを打ったのでした happy01happy01happy01

これも本名宮司様のおかげ! 淡路玉葱? のおかげ!

ありがたくも、美味しい 食事会となったのでしたupup

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~














2016年7月30日 (土)

武井製作所

南あわじ市広田中筋に、高圧ガス用安全弁の専門メーカーで、主にステンレスで大きな食品用のタンクなどを作る「武井製作所」がある。

岡山県出身の社長は、広田にあった「植田鉄工所」で長年腕を磨き、結婚一年後に、学んだ技術を活かして、多くの親戚の反対を押し切り、奥様だけが「失敗したら又どこかへ勤めたらいいんだから・・」と賛成してくれたことに百倍の勇気をもらい、自分の工場を持ったのだ。

それから50年、色んな苦労をものともせずに、その実直で研究熱心な仕事ぶりで、明治おたふくソース etc 一流食品会社からのタンクなどの仕事をさせてもらえるようになり、、、

写真に写っているような大きなタンクを年内に15本も作るというから、ビックリしてしまう!!

納入したタンクなどのフォローもきっちりとし、設置や修理に北は北海道から、南は九州まで過酷なまでの出張が続いている。。。

大変だけど、その達成感がたまらない!!と、仕事が終わって飲む「お酒」が又明日への活力となっている75歳で現役バリバリの社長なのだgood

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo

Photo_2

Photo_3

社員より早く、朝5時6時に出勤して、ゴミ一つ落ちていない工場、部品一つ一つがいつでも取り出せるように定位置に置くなど、徹底した管理システムで、会社の効率を高めている社長のやり方が、だいぶ浸透してきているが、出張の時は、部品一つなくても仕事が進まないことを身に染みている社長は、徹底的な準備を怠らない・・・

Photo_4

Photo_5

そんな整理整頓のできた工場には、突然訪れた営業マンに好印象を与え、又仕事にとつながってゆく・・・仕事に対する姿勢が徹底している武井社長なのだ・・・

淡路島が誇る 「(有)武井製作所」

       656-0131  兵庫県南あわじ市広田中筋1196、tel 0799-45-1900

                   社長  武井一衛 氏

             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











2016年7月27日 (水)

姪っ子フィアンセと淡路島へ

姪っ子フィアンセとともに淡路島へ!!!

何十年ぶりだろう。。。 嬉しそうに、幸せそうに、二人が淡路島へ、松葉寿司へやってきたcherry

親戚が集まって、お祝いの簡単な食事会 restaurant note

淡路のお酒も、はも料理も、赤ウニも、鯵のお造りも、美味しそうに食べながら、話は弾み、、

主人も、楽しかったね!良かったね!と、明るいあっちゃんと優しそうな彼が気に入ったのか、親戚でおめでたいことであつまることのなかっただけに、、嬉しそうだったlovelylovelylovely

博永君とあっちゃんの末長い幸せを願って、帰るみんなの足取りは軽かった runrun

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

飲んで楽しい人、飲まなくても楽しい人、、、みんな久しぶりの逢瀬を楽しんだのでしたheart02

又、今度も楽しいことで、会いたね~notenote

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









淡路島赤うにが美味しい!!!

happy01淡路島赤うにが美味しい!!!

淡路島で7月から10月までの3ケ月間だけ食べることができる、幻の海の黄金色の宝石 diamondshineclub

餌に恵まれた漁場で獲れたミューバンを使ってない「赤うに」は、一口入れると磯の香が広がり、得も言えぬ甘味が口中に広がる、、、

1回食べると、その味が忘れられずに、りピーターとなって又、ご来店下さるのだhappy01heart

その美味しいうにを、ちょっとちがった召し上がり方でお召し上がりいただこうと、

「ウニしゃぶコース」「ウニしゃぶ、肉ウニ載せコース」を新メニューに加え、好評を得ております pass full

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo

この 大きい粒の「赤ウニ」 最高で~すup

Photo_2

「ウニしゃぶと肉ウニ載せコース」(5980円)という豪華なコースができましたが、実はとってもお得なコースなのです!!!

うにしゃぶで海鮮と「赤うに」を楽しみ、肉を焼いた上に「赤うに」をのせて食べる

後は「うに雑炊」でうにを食べつくすことができるコースなのですnote

Photo_3

Img_7825

Photo_4

最後の「うに雑炊」 薬味の山葵と葱と刻み海苔を入れて食べると!!!

「赤うに」の虜になること間違いなし

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo_5

ニンニクと唐辛子を入れXVオリーブオイルで炒め、軽く味付けし、それに、赤ウニ板一枚載せて食べる!!! この麺とあかうにのコラボがまた最高!!なんです

「赤うにぬーどる」派 急増中 upupupupup

Photo_6

赤うに板一枚付いた「赤うに丼」は、3通りの食べ方で楽しめます!!!

Photo_7

もう少し、うにを食べたかったら、うに軍艦まき、1ケからたのめます

Photo_8

「淡路島赤うに」をお召し上がりいただいた女性3人、うに板一枚づつもって、なんと「しあわせ」そうな表情なんでしょう lovely

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      sun今年の夏は 淡路島赤うに なしでは済まされないのだ~sun

               ~~~~~~~~~~~~~~~~














2016年7月 6日 (水)

淡路島赤うに!!良くでてま~す!!!

幻の赤うに、海の黄金の宝石、と称えられる
淡路島が誇る、ミョーバン使用せず無添加の「淡路島赤うに」
9ケ月間待ちに待った「淡路島赤うに」が、7月はじめ解禁となり、沢山入荷いたしております!!...

赤うに板一枚使った「赤ウニ丼」「赤うにぬーどる」「赤うに板造り」 いずれも(4980円)

今年から新しいメニュー「赤うにしゃぶコース」「赤うにしゃぶコースと淡路牛うに焼きコースが始まりました!!!

後味すっきりの最高級うにと、淡路牛の組み合わせも絶妙で、ぜひ召し上がっていただきたいメニューです(^_-)-☆

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤うに板一枚丸々使ったメニュー、豪快にその繊細な味をお召し上がりくださいhappy01

赤ウニ丼、ドド~ンと登場!!  実際にお出しするときは赤うに板一枚とごはん、赤だしなど別々にお出しし、お好きな食べ方で召し上がっていただきますheart04

①まず うに一粒そのままお召し上がりください!その甘さがお口に広がりますhappy01

 

②次に 藻塩をつけてお召し上がりください! 甘さが増しますhappy01happy01

 

3最後は 山葵と土佐醤油で 丼としてごはんと一緒にお召し上がりください! 最高の美味しさに絶句で~すhappy01happy01happy01

Dscf9439

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

綺麗に選別された 淡路島赤うに は、濡れ新聞紙に包んで入荷します!! この方法が一番良いうに保存法で~すgood

Aka

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「赤うにぬーどる」 ウニ板一枚 XVオリーブオイルとニンニク、唐辛子、塩、コショウで味付けしたぬーどるにからめてお召し上がりくださいnote グリーンサラダ付きでとってもグーdiamondcrown

Photo

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「赤うに板つくり」 この淡路島赤ウニを食べながら、キーンと冷えたビールを飲むbeerbeer

至福のひと時をお楽しみくださいfull

Photo_2

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、赤うに寿司御膳」 お手軽に淡路島赤ウニお楽しみいただけますsign03(2450円)

Photo_3

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「うにしゃぶコース」 新しくデビューですup(4980円)

濃厚なウニ出汁で、ハモや鯛や赤うにを しゃぶしゃぶしてお召がりください

そして最後は、山葵や刻み海苔、葱、ごはんを入れて「うに雑炊」をお楽しみください

Photo_4

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらも新メニューの「淡路牛うに焼きとうにしゃぶの豪華コース」!!!(5980円)

1000円アップで、淡路牛うに焼きのついた 豪華コースにランクアップできて とってもお得 fullfullfull

Photo_5

Img_7798

軽く焼いたお肉に赤ウニをのせて食べる!!! 「うまい、旨い、ウマイ~sign03

Img_7825

濃厚ウニ出し汁で、海鮮をしゃぶしゃぶした後は? もちろん、山葵、海苔、葱、ごはんをいれて「ウニ雑炊」の出来上がりッ passpasspass  これだけ美味しくていいの??? この値段でいいの???

Img_7831


          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       sunsun今夏は猛暑の予想sunsun

    淡路島赤うに食べて、夏バテ知らずで、元気で夏を乗り切りましょうsign03

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





















2016年6月24日 (金)

淡路おみなの会総会

淡路おみなの会総会(平成28年度)が22日、行われました。

30名を超す参加者のもと、洲本文化体育館で今年のテーマは「健やかに淡路おみなの島づくり」を確認して、スムースに終了し、

学習会は、場所を兵庫県立淡路医療センターに移し、管理局長の正辻孝克氏を講師に、淡路医療センターの概要と特色ある取り組み をお聞きし、あとセンター内の見学、洲本市街が見渡せる緑化の行き届いた屋上とヘリポートなども見学させていただいたのでした。

海に近いということで、この場所での建設を危ぶんでいた人達も、地下の「免震構造」や、建物を囲む1,4mの「浸水防止壁」でその不安も払拭され、屋上にはヘリポート基地があり、また救急患者用の出入り口には、非常災害時も想定して広くとられ、救命救急センターへの直結での迅速な措置がとれるようになっており、地域の人たちにとって、とっても便利で近代的.な病院として、また、最新の医療機器と行き届いたホスピタリティー溢れる医師や看護師さん達の揃った病院として、淡路の人たちの健康維持に貢献してくださることでしょう!!

           ~~~~~~~~~~~~~~

Photo_11





淡路おみなの会総会もスムースに終了。

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo_10


淡路医療センターで、講演に聞き入りました・・・

Photo_3

正辻局長様は、地域の役にたつ病院にと、熱弁を振るわれた。

また、予防、検査の大切さと、何より病気にならない為には「運動、栄養、休養」の大切さを力説されました・・・

Photo_4

Dr付き、医療機器付きの、熊本地震の時、これで5人の医師つきで行ったDrカー!!

Photo_5

緑化の行き届いた屋上から、海を見る・・・

Photo_6

屋上から洲本港あたり見る・・・

Photo_7

屋上から塩屋地区あたりを見る・・・

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~















2016年6月22日 (水)

伊弉諾神宮は日本の始まり、そして広がり!!

伊弉諾神宮は、国生みの島、淡路島にある最古の神宮!!

そして今、淡路島が、日本遺産に認定され、、、

淡路島はその古い歴史と食材の宝庫、豊かな自然で、日本へと広がっていくことでしょう diamond fuji sun good

その 日本遺産認定に奔走なさった、伊弉諾神宮の本名孝至宮司様が、お忙しい中、神宮で作られた幟を持ってきてくださいました up

私どもも、日本遺産認定の栄誉とお祝いの気持ちの詰まった「幟」を立てて淡路をアピールしてゆきたいと思っています sign03

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

又先日は、青森県知事夫人の三村三千代様が、伊弉諾神宮宮司夫人の本名可寿代さんと、お越し下さり、「はも」をお出ししましたが、とっても珍しそうに、でも美味しかったsign03とお喜びいただきました。

三村様は東大の大学院まで出られた才媛で、研究された「古事記」の話などで、よくご講演なさっていらっしゃり、前日に神戸の生田神社で講演後、淡路で宿泊、翌日の昼食でお立ち寄りくださったのでした。

お偉い方なのに、講演は東北弁も交えて面白おかしく居眠りする人がいないという話術で聴衆を引き付け、偉ぶる様子など微塵もなく、本当に謙虚で優しいそのお人柄にひかれたのでした・・・

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Photo_2

Hamo16

Img_8034

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

又、青森に行くことがあったら、青森の美味しいお料理いただきたいわ、、とも思ったのでした。

           lovely~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~happy01

2016年6月13日 (月)

旬の味を召し上がりに淡路島へ!!

食材の宝庫淡路島には、冬は「淡路島3年とらふぐ」、春は「桜鯛」「さわら」、夏は「はも」「淡路島赤うに」・・・と 旬の美味しい食材に事欠かない!!

年間を通じて「淡路島まつばのあなご」「淡路牛」、そして野菜もその甘さは日本一と言われる「淡路島玉葱」「レタス」、淡路米や、イチゴ、イチジク、オレンジ・・・と

本当に「みけつくに淡路島」には 誇れる食材で一杯 sign03sign03sign01

その旬の美味しいものを召し上がりに、尼崎の高井さまは、ご家族様ご一緒にお越しくださいます!!!

この間も「はも会席」を召し上がりにご来店くださいました rvcar run

ふぐ、桜鯛、はも、、、と旬の「美味しいもの」を求めてご来店くださる、嬉しくありがたい、グルメなお客様です restaurant crown

            ~~~~~~~~~~~~~~

Takai

ご家族揃ってお越しくださる高井様に、感謝で手を合わせますheart01loveletter


Photo_8

            ~~~~~~~~~~~~~~

     lovely ありがとうございますlovely   またのお越しをお待ち申し上げておりますlovely

            ~~~~~~~~~~~~~~

2016年6月12日 (日)

淡路島はも料理談義もにぎやかに!!

日本には四季があり、食材の宝庫淡路島には、恵まれた全国に誇れる四季の料理があります。。。

冬の「淡路島3年とらふぐ」の時も「淡路島3年とらふぐ座談会」をし、グルメな美女にお越しいただき、ご賞味いただき、ご意見をお聞きしました!!!

このたびは、「淡路島はも料理談義」と題し、普段セット料理には入っていないような料理もお召し上がりいただき、ご意見お聞きいたしました happy01 good

そして、3人の一押しをお聞きしました!!

A子さん~はもすきのはもsign03 と はもネーズ焼sign03

B子さん~はも棒寿司sign03

C子さん~はも千枚造りsign03

    はもの美味しさ余すところなくお召し上がりいただきました!!

            ~~~~~~~~~~~~~~

Photo_7

            ~~~~~~~~~~~~~~

淡路島はも料理、是非淡路島へお越しいただきましてお召し上がりください rvcar run

           good ~~~~~~~~~~~~~~ lovely

«淡路島はも料理